寿司図鑑 477貫目
寿司図鑑1~856貫目は旧コンテンツからの移行データの為、小さい写真の記事が多くあります。

オオクチイシナギ

おおくちいしなぎ / オオクチイシナギ
オオクチイシナギ
握り

「市場寿司 たか」のまな板に1.5キロほどはあるオオクチイシナギを置く。「どうだ!」という気持ちで持ってきたのだけど、すんなり何も言わずにおろし始めた。「感動薄いね。初めてじゃないの?」「違うよ。まあ3回目くらいかな」「3回目って何だ」「昔ね、これ使えないかなって魚屋がすすめてくれたの」。「それで?」「よかったよ。これより小さかったけど。大きいとうまくないんだってね」「そうでもないんだけど、脂が強いの」。そしてきれいな握りとなって出てきた。これがうまい。身全体に脂があって、そのせいか甘いいのである。身の歯切れよさも心地よい。これは握りのネタとしても上物ではないだろうか? 「そうだね。いいよね。どうして市場にはこないんだろう。あんましとれないんだろうね」。たまたま居合わせたうまいもん好きの肉屋が隣で「もっと握ってくれ」と騒いでいる。遠路、福島の最北、原釜から発泡を下げてきた甲斐があったのである。

寿司ネタ(made of)

オオクチイシナギ
Seabass

オオクチイシナギ
1950年代までは標準和名はイシナギであった。北部太平洋からアメリカ大陸までにいるコクチイシナギ(Stereolepis gigas Ayres, 1859)が国内でも見つかって「大口」をつけた。ただこんなことでなぜ、標準和名を変更した・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。
おすしのずかん
ぼうずコンニャク監修の本。