寿司図鑑 553貫目
寿司図鑑1~856貫目は旧コンテンツからの移行データの為、小さい写真の記事が多くあります。

浜笛吹/ハマフエフキ

はまふえふき / ハマフエフキ
浜笛吹/ハマフエフキ
握り

市場で見かけて、無難な魚というのがある。当たりはずれがない、とにかくある程度いつもうまいというもの。そのひとつがハマフエフキである。見た目もいいし、卸してみると美しい白身。これを持ち込んだら、「銀皮がいいね」とたかさんが呟く。たかさんが「銀皮」というのはウロコの下の薄い皮膜のこと。これが正しい言い方なのか不明だが、この薄皮の輝きが美しい。当然握りにしても、きれいなわけで、ボクなど食べても「うまい、うまい」と単純極まりないことしか言えそうにない。「ただね。寿司屋としては“ふえふきだい”と言っても通じないね。甘味があるし、ほどよい硬さで寿司飯との相性もいいし、いうことないんだけどね。『へい、フエフキの握りいっちょあがり』といっても誰もわからないね」。ということで、「どうせ売れないなら、たっぷりハマフエフキの握りを楽しもう。残ったら家に持って帰る」。ちょっと最後につけ加えたいのは、江戸前握りの種として、この魚は非常に優秀なのである。しかも温暖化にともなって入荷が増えてくる。当然、これからもっと値段は上がるぞ!

寿司ネタ(made of)

ハマフエフキ
Spangled emperor

ハマフエフキ
フエフキダイの仲間は熱帯〜亜熱帯域では重要な食用魚。熱帯系の魚の中でも上質な白身で、クセがない。万人向きの味わいで人気が高い。
特にハマフエフキは温帯域にも多く、関東の市場などでも見かける機会が多い。
沖縄に三大高級魚というのがあり、タマン・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。
おすしのずかん
ぼうずコンニャク監修の本。