寿司図鑑 704貫目
寿司図鑑1~856貫目は旧コンテンツからの移行データの為、小さい写真の記事が多くあります。

浜笛吹鯛/ハマフエフキ

はまふえふき / ハマフエフキ
浜笛吹鯛/ハマフエフキ
握り

見事な魚を見ると、ついつい衝動買いしてしまうことがある。
 特に近年慌ただしいのでじっくり考えている暇がなく「ええい、どうにでもなれ」と仲卸の量りにのせてしまうのだ。
 今回のハマフエフキなどまさにそれで、重さ1.5キロで大分県産らしくちゃんと締めている。

 ハマフエフキはどちらかというと熱帯地方に多い。
 千葉県外房などでもあがるが小振りだ。
 例えば築地などでも馴染みがないせいか、評価が低く安いのだけど、南に行くほどに高くなる。

 さて、『市場寿司 たか』のまな板にのせる。
 鮮度がいいためか目がきらきらしている。
「ちょっと血合いの色が強いな」
 卸し身にしての、たかさんの第一声だ。
 これを刺身で味見する。
「おお、なかなかうまいじゃない。これ食べたことあったっけ」
 あるに決まっているではないか。
 それも二度や三度ではない、季節ごとに食べているのだ。
 最近、たかさんの記憶力の衰えが気になる。
 年のせいだろうか?

 さて出来上がった握りは絶品である。
 思ったよりも旨味があるし、脂がのっている。
 でも微かに磯臭く感じる。
「そうだね。ワサビ入れないで味見するからね」
 これは明らかに好みが分かれるものだ。
 そう言えば夏にも春にも感じなかったのに不思議。

 最後にワサビ入りで試すと、ほとんど磯臭さが気にならなくなった。
 このあたり微妙である。

寿司ネタ(made of)

ハマフエフキ
Spangled emperor

ハマフエフキ
フエフキダイの仲間は熱帯〜亜熱帯域では重要な食用魚。熱帯系の魚の中でも上質な白身で、クセがない。万人向きの味わいで人気が高い。
特にハマフエフキは温帯域にも多く、関東の市場などでも見かける機会が多い。
沖縄に三大高級魚というのがあり、タマン・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。
おすしのずかん
ぼうずコンニャク監修の本。