寿司図鑑 601貫目
寿司図鑑1~856貫目は旧コンテンツからの移行データの為、小さい写真の記事が多くあります。

炭焼/シマイサキ

すみやき / シマイサキ
炭焼/シマイサキ
握り

箱には「スミヤキ(炭焼き)」とある。
 この名はシマイサキの呼び名でももっとも広範囲に使用されているもの。
 箱の真横を見ると「大阪湾」の文字。
 シマイサキは普段は群を作らず、産卵期のみ団体行動で卵を産む場所まで移動するのではないか。
 そのため、市場で見かけるのは産卵期を挟んで前後が多いようだ。

 さてシマイサキとはどのような魚であるのか。
 まあ無理矢理区分すると雑魚だろう。
 間違いなく漁の対象でも、また釣り人達の狙いでもない。
 例えば釣りの世界ではあまり大きくならない、引きが弱い、食べてあまりうまくない、と悪条件が揃い踏みだ。
 本命が坊主のときに限って釣れる魚という汚名もきている。
 そんな魚だから値段は激安である。
 仲卸でキロ当たり500円。
 きっと荷受けで5キロ箱で1000円前後だったのではないか?

simaisakiorosu08030.jpg
●クリックすると拡大
卸していると大振りの真子が出てくる

 ボクはこの薄汚れて、目立たない魚を数本選んでくる。
 すぐに『市場寿司 たか』に持ち込むと、一年一度は必ず握りにする魚なので、握りになるまで無言。

 撮影している最中に、
「おお、やっぱり悪くないな。ほんの微かにクセがあるけど、これはワサビで気にならなくなる」
 卸した内臓から卵巣を集めて、またウロコつきのまま引いた皮も袋にいれている。
 皮、卵巣は本体よりもうまい。

 一年ぶりに食べるシマイサキの握りはやっぱりそんなにうまいわけじゃない。
 平々凡々だ。
 微かに臭いを感じると言うけど、ボクもたかさんも味見する気で握りを食っているわけで、何気なく食べたら気づかないだろう。

 翌日、たかさんが店の中から手を振っている。
「昨日あれから釣りが趣味っていう人がきてね。シマイサキですって出したら。“シマイサキって刺身になるんですね”って驚いてたよ。
「“次釣ったら逃がしてやんないよー”だって」

寿司ネタ(made of)

シマイサキ
Fourstriped grunter,Sharpnose taigerfish

シマイサキ
一般的な知名度はほとんどないに等しい。釣りの対象魚であり、定置網などに入っても雑魚に近い取り扱いを受けている。流通は産地周辺のみ。希に全国的に流通する。・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。
おすしのずかん
ぼうずコンニャク監修の本。