寿司図鑑 846貫目
寿司図鑑1~856貫目は旧コンテンツからの移行データの為、小さい写真の記事が多くあります。

小喉黒/ユメカサゴ

/ ユメカサゴ
小喉黒/ユメカサゴ
握り

「喉黒(のどぐろ)」と呼ばれる魚は1種類ではなく、ボクの知っているだけでもチゴダラ、アカムツ、そしてユメカサゴ。
ユメカサゴを喉黒と呼ぶのは伊豆半島や駿河湾などなので、釣り師でもあるボクは実際にそう呼んでいたのだ。

5月末のこと。
『市場寿司 たか』に立ち寄ったら、たかさんがせっせと魚を下ろしている。
「せいがでるね」
なんて言ったら、
「今声をかけないで」
なんて真剣なのだ。
どうやら相手は小さいらしい。

のぞき込んだらユメカサゴの小さいものだった。
そう言えば、このところ原釜(福島県相馬市)からどっさり小さなユメカサゴがやってきている。
潮汁、煮つけ、唐揚げなど、こいつがやたらにうまい。
と思っていたところが、たかさんの目にもとまったらしい。

「たかさん、2つ握っておくれ」
「ちょっと待て」
仕方なく市場を一回り、やっと目の前にきたものが、うまいのだ。
「たかさん、不思議なものだね」
「なんだい」
「魚には大きくならないとうまくなんないものと、小さくても大きくてもうまいのがある」
「こいつは小さいのもうまい、よな」

小さいもので、たぶん底曳き網でとれたもの。
なのにシコっとした食感があり、白身らしい旨みがある。
「まあ、すしの良さってのは、こんな小魚でもネタにできることだろうね」
「ほー、珍しいね。たかさん、けだし名言」

寿司ネタ(made of)

ユメカサゴ
Scorpionfish

ユメカサゴ
比較的近海の深場にいる赤いカサゴ。カサゴ類はすべて高級であるが、本種の釣りものも非常に高価。
主に産地周辺や食費地の高級な小売店で見かける。
味は抜群によく、鍋ものや焼きものなど本種を使うことで高級感が出る。・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。
おすしのずかん
ぼうずコンニャク監修の本。