寿司図鑑 1071貫目

ユメカサゴの握り

ゆめかさごのにぎり / ユメカサゴ
ユメカサゴの握り
握り

価格ランク

高級

やや深場にいて、底曳き網や延縄でとれるのがユメカサゴ。近海にいるものだが、とれる量ははずか。高級魚である。
これを生で食べるのは歩留まりの悪さから、贅沢の極みである。
当然、握りもお高いものとなる。
実に上質の白身で深海性ならではの脂ののりのよさが味わえる。
口のなかでとろっととろけ感がして、ほどよい硬さなのですし飯との馴染みもよい。
大枚はたいても食べる価値ありの一かんである。

寿司ネタ(made of)

ユメカサゴ
Scorpionfish

ユメカサゴ
比較的近海の深場にいる赤いカサゴ。長崎県などではまとまった水揚げがあるが、全国的に見ると量は少ない。カサゴ類はすべて高級であるが、本種の釣りものも非常に高価。
主に産地周辺や食費地の高級な小売店で見かける。
味は抜群によく、鍋ものや焼きもの・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。