寿司図鑑 1088貫目

煮白貝

にしろがい / サラガイ
煮白貝
握り

価格ランク

並

白貝(サラガイ)の味はイマイチおもしろみに欠けるという、すし職人の意見から、苦いに仕立ててもらう。
作り方はハマグリと同じ。ゆでて開いて、しょうゆ、砂糖、酒、水の地につけ込んだ。
しょうゆの風味とうま味、甘味で単調な味に奥行き広がりが出る。
ただし握りとしてはうまいが、貝そもののの味わいが失せてしまっているように思える。
すし職人は、これでよしと話すが、素材感の喪失が残念な一かんである。

寿司ネタ(made of)

サラガイ
Northern great tellin

サラガイ
漆喰のような白い貝殻を持ち、北国の砂地などに普通にみられる二枚貝。食用となるのはサラガイ、アラスジサラガイの2種。ホッキガイ(ウバガイ)などの桁網に混ざってとれる。
ウバガイなどと比べると安かったので産地では日々の総菜などに使われていたよう・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。
おすしのずかん
ぼうずコンニャク監修の本。