寿司図鑑 1224貫目

ギマ肝のせ握り

ぎまきものせにぎり / ギマ
ギマ肝のせ握り
握り

価格ランク

安

 活魚のギマの握りはあまりにも淡泊で、うまいにはうまいが一かんの握りとしては「弱い」と思う。すし職人、たかさん(渡辺隆之)も首をひねる。
「それじゃ、伝家の宝刀を抜くことにしますか」
「なんじゃそれは」
「それだよ、それ」
 まな板の上に見事な肝。これを握りの上にのせて、あぶってもらい、まだ温かいのを口に放り込む。
 このあぶった肝が甘いし、うまい。あぶられた身も表面が軟らかくなりすし飯との馴染みがよくなっている。たった二かんしかとれなかった、肝のせの握りを一かんずつ分け合って、そのゴージャスな味に酔うがごとしになる。
 漁師さんには厄介者だが、すしダネとしては上々。これもなんだか皮肉な話であるな。
2015年05月11日

寿司ネタ(made of)

ギマ
Short-nosed tripodfish

ギマ
内湾性で腹鰭と背鰭に非常に大きくて硬く鋭い棘を持つ。また大量に粘液を出すなどで危険だしやっかいな魚である。
古く浜名湖などで好んで食べられたという記録が残っているが、今ではその鋭いとげと、大挙して押し寄せてくるので、内湾の定置網などに入って・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。
おすしのずかん
ぼうずコンニャク監修の本。