寿司図鑑 1355貫目

ホオアカクチビの焼霜造り

ほおあかくちびのやけしもづくり / ホオアカクチビ
ホオアカクチビの焼霜造り
握り

価格ランク

やや高級

 沖縄では白身で皮の厚い魚は皮霜造りか焼霜造りにする。大形のフエフキダイである本種も皮にうま味があるので表面をあぶってつけたい。が、江戸前のすし職人である、たかさんはこの焼霜を嫌うのである。魚の味よりも焼いた香ばしさが勝つという。
 イヤイヤながらあぶり、つけてもらった一かんがいい味である。確かに炙った香ばしさが勝つかも知れないが、これも本種の持ち味であると考えるといいのでは。
 身にも甘味と適度な弾力があり、すし飯と合わさっても十二分に主張する。
 たかさん曰く、「地味な色だけどトロピカルやー」とはいかに。

寿司ネタ(made of)

ホオアカクチビ
Variegated emperor, 台湾/紅鰓龍占魚

ホオアカクチビ
主に鹿児島県諸島部、沖縄県、小笠原などで食用となっている。沖縄などの食用魚は1種ごとの漁獲量は少なく多彩であるので、他のフエフキダイ属と区別されていない。・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。
おすしのずかん
ぼうずコンニャク監修の本。