寿司図鑑 1491貫目

ホオアカクチビのあぶり握り

ほおあかくちびのあぶりにぎり / ホオアカクチビ
ホオアカクチビのあぶり握り
握り

価格ランク

並

 関東ではフエダイ科はハマダイ、ヒメダイなどが古くから食べられていたが、フエフキダイ科はあまり食用魚として馴染みがない。
 まったく新しい白身といってもいいだろう。これをすし職人にたかさんとあれこれやってみる。
 身(筋肉)に味がないというか、淡泊過ぎる気がする。かといって薄造りにすると余計に味がない。これを補うのは皮の食感と風味である。
 ただし、たかさんはこの皮を生かすというのをやりたがらない。ただ単に皮引きを漬けて、こんどは皮目をやや強めに炙ってからつけてみた。
 やはり皮付きの方がうまいと思う。
「この手の魚ならいいかも知れないね」
「これも面白いと思わない」
 すだち(カボス、ライムやレモンでも)塩などがわさびしょうゆよりも上だと思うが、たかさんはしょうゆが合うとの意見だ。

寿司ネタ(made of)

ホオアカクチビ
Variegated emperor, 台湾/紅鰓龍占魚

ホオアカクチビ
主に鹿児島県諸島部、沖縄県、小笠原などで食用となっている。沖縄などの食用魚は1種ごとの漁獲量は少なく多彩であるので、他のフエフキダイ属と区別されていない。・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。