寿司図鑑 1356貫目

ぼたんえびの握り

ぼたんえびのにぎり / トヤマエビ
ぼたんえびの握り
握り

価格ランク

高級

 いまや「ぼたんえび(トヤマエビ)」はすしダネの代表格となっている。甘えび(ホッコクアカエビ)よりもとれる量が少なく、大形になるのですしダネとしても高級である。主産地は北海道で日本海の青森県から島根県でも水揚げがあるが量的には少ない。
 生命力の強いエビで入荷時に生きていることがる。透明感のある薄紅色で口に入れるとねっとりしている。甘みが強く、噛みしめると身がぷりっとしていて、すし飯と合わさるとまた一層甘味が強くなる。
 今回は外子を乗せてみたが、実はこれを嫌うすし職人もいると言うことを知るべきかも。ぷりぷりとした触感が一かんの握りの味わいにプラスになるという考えと、むしろ邪魔だという考えがあるのだ。
 また頭部は完全な生で添えてもいいが、個人的には軽くあぶったものの方が好き。みその濃厚なうま味が、さらにもう一かんお願いしたくさせる。

寿司ネタ(made of)

トヤマエビ
英名/Corn-stripe shrimp,Humpback shrimp,Pinl prawn

トヤマエビ
一般には「ぼたんえび」として取引されている。日本海から北海道にかけて水揚げがあるが北にいくほど水揚げ量が増える。
タラバエビ属では比較的浅いところにいるので、古くから知られていた。
「ぼたんえび」は北海道噴火湾などでの呼び名で、今ではすしネ・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。
おすしのずかん
ぼうずコンニャク監修の本。