寿司図鑑 909貫目

オオバウウチワエビの煮えび内子のせ

おおばううちわえびのにえびうちこのせ / オオバウチワエビ
オオバウウチワエビの煮えび内子のせ
握り

価格ランク

やや高級

エビの基本は「煮る(ゆでる)」。
オオバウチワエビは約10分ほどゆでて剥いて、内子とともに握りにしてみた。
思ったよりも平凡なのは内子持ちの雌だからかも知れない。
この時期は雄の方が身自体の味はいいようである。
身よりも内子の微かな風味とほどよい甘みが楽しめた。
ぷりっとした身は噛むと適度にすし飯にからんで、まあこれもなかなかよいではないか、と思った。

寿司ネタ(made of)

オオバウチワエビ
英名/ Large-toothed sand cryfish, Flathead lobster, Slipper lobster、Sand crayfish

オオバウチワエビ
浅い海域にいるもので、ウチワエビよりもやや温かい海域を好むようだ。ウチワエビと区別されないで扱われ、いわゆる市場などで流通する「ウチワエビ」が2種だということに気づかない人も多い。産地でも両種は厳密に区別されないのではないか、と思われる。
・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。