寿司図鑑 64貫目
寿司図鑑1~856貫目は旧コンテンツからの移行データの為、小さい写真の記事が多くあります。

雪駄/オオバウチワエビ

せった / オオバウチワエビ
雪駄/オオバウチワエビ
握り

「味のことを考えると(イセエビと比べて)、こっちの方が上だよね」とは伊豆の漁師さん。確かにウチワエビの仲間の旨味甘みは強く、イセエビと並べて、ついこっちを選んでしまう。ただこれは値段のこともある。イセエビが中くらいのもので2~4千円してしまうのに対して、同じ重さウチワエビ3~4匹でせいぜい2千円ほど。徳島県阿南市の橘水産の競り場でも大振りのウチワエビとオオバウチワエビが格安で売られていて、「これうまいんでよ」と漁師さんから声がかかる。この2種、産地でも消費地でもほとんど区別されないで取り扱われる。ともに味もいい。ただ握りに仕立てる地域は少ないだろう。今回、『市場寿司 たか』には茹でて殻を外して持ち込んだ。その握りが絶品。甘い、そしてその甘さが程良く消えて旨味が後を追いかけてくる。すし飯との相性もいいぞ!

寿司ネタ(made of)

オオバウチワエビ
英名/ Large-toothed sand cryfish, Flathead lobster, Slipper lobster、Sand crayfish

オオバウチワエビ
浅い海域にいるもので、ウチワエビよりもやや温かい海域を好むようだ。ウチワエビと区別されないで扱われ、いわゆる市場などで流通する「ウチワエビ」が2種だということに気づかない人も多い。産地でも両種は厳密に区別されないのではないか、と思われる。
・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。