寿司図鑑 1505貫目

イトフエフキの握り

いとふえふきのにぎり / イトフエフキ
イトフエフキの握り
握り

価格ランク

並

 イトフエフキは相模湾などでは珍しい魚だったと記憶する。西日本に多かったが、それでも正箱(1箱に1種類の魚)で来ることはまずなかった。
 これが最近、九州などから正箱でしばしば入荷してくるようになっている。
 フエフキダイ科でも小振りで水分が多いので、鮮度のよさの割りに安い。
 これを素直に皮を引いてつけてもらう。
 わさび入り、しょうゆをつけて食べるといささか平凡な味である。すし職人の渡辺隆之さんは、白身はこれでいいと言う。
「ネタなんて、全部が全部主役でなくてもいいのよ」
「でも、魚の味が弱くないかね」
 市場の八百屋でライムを買ってきて、塩・ライムで食べてみる。意外にもライムがこの淡泊な白身に合うのだ。
「これならウニやトロの間に挟んでも印象が残るね」

寿司ネタ(made of)

イトフエフキ
Threadfin Emperor

イトフエフキ
本州からインド洋・太平洋沿岸域まで非常に生息域の広い魚である。1980年代など西日本では定置網などにしばしば混ざるものの、関東では珍しい魚のひとつだった。それが今では、まとまってとれはしないものの、珍しい魚ではなくなっている。紀伊半島ではも・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。