寿司図鑑 15貫目
寿司図鑑1~856貫目は旧コンテンツからの移行データの為、小さい写真の記事が多くあります。

キンメダイ

きんめだい / キンメダイ
キンメダイ
握り

市場でもっとも目立つ魚がキンメダイである。ただし量が多いというのではなく、その深紅の色合いがやたら目立って存在感があるのだ。一昔前なら「キンメは煮つけ用だな」なんて評価だったのが、最近は「一に刺身二に煮つけ、三四はないよな!」というのが現今の位置づけである。その刺身を寿司ネタにするという考えはだれでも思いつきそうなこと。今では寿司屋にキンメの握りがあっても当然のように思うが、本当は新しいネタである。さて「市場寿司 たか」のキンメの握りであるが、これが抜群にうまい。脂がのっていて、その脂がとろっと甘い。身質は柔らかいのであるが、しっかり噛みごたえがあって、すし飯との相性がいいのだ。

寿司ネタ(made of)

キンメダイ
Splendid alfonsino

キンメダイ
古くは関東の近海、千葉県、伊豆半島、伊豆諸島に多く、関東を代表する魚というイメージであった。ここに長崎県、鹿児島県、高知県の産地が増えたこと。南半球からなどの輸入ものが増えて全国的な存在となる。
例えば1970〜1980年代、キンメダイの刺・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。