寿司図鑑 26貫目
寿司図鑑1~856貫目は旧コンテンツからの移行データの為、小さい写真の記事が多くあります。

ニシン

にしん / ニシン
ニシン
握り

愚かなことにテレビなどで幻の魚とか、「珍しいですね生のニシンですか」なんてタレントが吠えているのをよく見る。本当にそうならニシンの値段ももっと高くなる。そうなると漁師さんも喜ぶだろう。現実問題、今ニシンは決して高くない。むしろマイワシと同じくらいの値段であるから、気楽に食べて欲しいものだ。ただ、関東に来るニシンで脂もあり、鮮度も抜群というのは少ない。少ないのをやっと見つけたのが三陸産の形のいいものであって、大急ぎで「市場寿司 たか」にお願いする。すると、たかさん曰く、「ニシンなんて握ったことねー」なんていやいや卸して握る。骨を抜いて、味見にパクリとやったら、「なんだコレ、うまいな」だって。握りも最高にうまい。なんというのか背の青い魚の味の深さがある。この旨味と脂のとろっとしたのが酢飯とぶつかって……「うまいぞ!」

寿司ネタ(made of)

ニシン
Pacific herring

ニシン
国内のほとんどが北海道でとれている。江戸時代蝦夷地の産物が脚光を浴び、唯一の藩である松前藩では年貢の代わりにニシンを納めていた。それで生まれた漢字が鯡、すなわち「魚に非ず米の代わりである」というもの。産卵に押し寄せる春ニシンは豊凶を繰り返し・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。
おすしのずかん
ぼうずコンニャク監修の本。