寿司図鑑 56貫目
寿司図鑑1~856貫目は旧コンテンツからの移行データの為、小さい写真の記事が多くあります。

イワガキ

いわがき / イワガキ
イワガキ
握り

「本当に握り?」と、たかさんが言った。そうです「握ってみてください!」、凛として言いました。目の前にあるのは京都府舞鶴市字下安久無番地(番地がないんだな)であがった中くらいのイワガキ。少々水分は切っているのだけれど、握りは無理じゃないかな? なんて思いながらそれでも『市場寿司 たか』の暖簾をくぐったときに「握りだ」と決めてしまったんだから仕方がない。貝殻から取りだした身はどう見でもそのまま握れる大きさではない。「4?5かんとれるよ」というので握りようにネタどりをしてもらう。それをふたりで試食。「うまい!」。苦みがあるものの、その苦み浮かび上がらせる甘みがある。そして全体の味を作り出す爆発的な旨味。「握ったらもったいないんじゃないの?」と出してくれたのがこの2かん。うまかったんですよねカキが。カキがうまくて、すし飯はいずこに。

寿司ネタ(made of)

イワガキ
Rock-oyster

イワガキ
古くは食べる地域も限られていたもの。
最近では産地が増え、養殖も行われていて、一般的な水産物になってきている。
夏が旬で、最盛期は夏。
マガキと交代するように入荷してくる。
大きくなる二枚貝で独特の渋みがあって、これが持ち味。
一口では大き・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。