寿司図鑑 150貫目
寿司図鑑1~856貫目は旧コンテンツからの移行データの為、小さい写真の記事が多くあります。

マコガレイ

まこがれい / マコガレイ
マコガレイ
握り

まだ春といってもいい5月初旬、東京湾富津市の漁港で肉厚の素晴らしいマコガレイを見た。「こりゃ浜値だって6000円はする」というその大マコ、「この時期からだね、うまいんは」とのこと。関東のマコガレイの旬がこの時期から始まるのだ。そして夏になると値段も落ち着き、あまり懐を気にせずに買って帰れるようになる。それを握りにする。旬のネタを前にたかさん、「ちょっとストレートにいいもの持ってくるね」と2かんを目の前にすぐに出してきた。こちらに出すとともに自分の分もすぐに握り、ふたりでしみじみ「うまいマコガレイ」を楽しんだ。マコガレイのうまさはなんといっても、白身なのに旨さがあり、しかも適度な弾力感が心地よいことだろう。

寿司ネタ(made of)

マコガレイ
Marbled sole, Flounder

マコガレイ
カレイ類の代表的なもの。単にカレイというと関東などでは本種を言うことが多い。内湾生で関東、中部、瀬戸内海など大都市圏の近くでまとまってとれるので、もっとも馴染み深い食用魚のひとつだ。
古くは冬から春にかけて子持ちを煮つけにするため、このたく・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。