寿司図鑑 285貫目
寿司図鑑1~856貫目は旧コンテンツからの移行データの為、小さい写真の記事が多くあります。

イラ

いら / イラ
イラ
握り

イラはベラの仲間としては体高が高く、あまり遠からぬ縁のブダイと混同されている。
 また夏にはあまりうまい魚だとは思えないのもブダイと似ていなくもない。
 そのうまさがのってきた厳寒のイラを握りにする。
 このイラ、昨年の夏に持ち込んで寿司職人の、たかさんに顰蹙を買っているので今回は満を持した。
 これがいい味なのだ。白身魚としては比類の旨さと皮下に脂があり、握りにして抜群にいい。
「これが旬というのかね。本当に同じ魚とは思えない」
「また、こんな魚握らせてー」と愚痴りながらもたかさんの評価も高い。
 イラの語源はなんだろう? 「いらいらするからじゃないの」とはたかさんの説なり。

寿司ネタ(made of)

イラ
Wrasse, Tuskfish

イラ
関東では珍しいというほどではないが入荷量が少なく、一般的な小売り店で売られているのことは少ない。大型で身に厚みがあるものの、知名度は低い。
バラ科のなかでもイラ属はとりわけ味がいいので、九州など産地では盛んに食べられている。関東などでも本種・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。
おすしのずかん
ぼうずコンニャク監修の本。