寿司図鑑 335貫目
寿司図鑑1~856貫目は旧コンテンツからの移行データの為、小さい写真の記事が多くあります。

金頭/カナガシラ

かながしら / カナガシラ
金頭/カナガシラ
握り

近年めっきり見かけなくなった魚にカナガシラがある。もちろん幻のとか希少とかではなく、本来量的にもあったものが時々しか入荷しなくなったということである。見た目はホウボウと似ているが、体中に強いウロコがあり、また頭のあたりがゴッツイ感じがする。こいつを見ると途端に食欲が湧いてくる。煮つけにしたときの絹のような舌触り、脂の甘さ。当然、刺身で食べても「たまりませんな」。と、『市場寿司 たか』に持ち込んだが、あまり、たかさんが話に乗ってこないのだ。「ホウボウが好きなんだよね」というのにカナガシラはあまり食べていないのだ。そして2かん、たかさんも自分用に握り、いざパクリ。「なんだこれ! うめーじゃねーかよ、バカ野郎」。バカ野郎は余計だが、菜の花の野辺をスキップしているような笑みが浮かんでくる。白身で軟らかいかな、という食感が実は脂によるもの。しかもその脂の甘さよ。それでいて身には適度な弾力が残っている。

寿司ネタ(made of)

カナガシラ
Searobin

カナガシラ
北海道まで九州まで底曳きや釣り、刺し網などで水揚げされている。古くは上等の白身魚として人気が高かったもの。東北などで「君魚(きみよ)」というのは、殿様などが食べる上等の魚という意味だ。
節分や生後100日に行われるお食い初め(箸初とも)に使・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。