寿司図鑑 340貫目
寿司図鑑1~856貫目は旧コンテンツからの移行データの為、小さい写真の記事が多くあります。

的鯛/マトウダイ

まとうだい / マトウダイ
的鯛/マトウダイ
握り

まことに人めかしい魚である。こいつを釣り上げるとにらみつけられるように思える。惜しくもなくなった伊藤雄之助(例えが古いな)に似ているし、フレンチでの呼び名サンピエールというのは彼の地の聖人の名であるそうな。ヒラメなど冬の生き餌釣りの代表的な外道なのだが、へたなそげ(40センチ前後の小さなヒラメ)より何倍も「おめーの方がありがたいぜ」と唾が湧き上がるのだ。この魚、面相と反比例するごとく味は超二枚目である。端正な白身、そして淡い脂、旨味。オマケに世界3代珍味のフォワグラを脅かしそうな肝のうまさ。これを卸しながら「これは握ったことないけど、うまいのか」なんて言っていた、たかさんが黙るのもすぐのこと。「なんだコレ、ただもんじゃないな」とうなる。旨すぎる肝をネタにのせて淡麗な味わいを深く濃厚にフォローする。欠点は身割れのしやすさと、歩留まりの悪さかな。「それにしてもうめーな」。

寿司ネタ(made of)

マトウダイ
フランス語/Saint-pierre イタリア語/Pesce san pietro 英語/John dory

マトウダイ
国内では太平洋側よりも日本海側でよく食べられている。
日本海側では高級魚でもある。
フレンチでは「サンピエール(Saint-pierre)」はムニエルの定番。
上品な白身で肝やあらなどがうまいので、鍋材料としても人気がある。・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。
おすしのずかん
ぼうずコンニャク監修の本。