寿司図鑑 749貫目
寿司図鑑1~856貫目は旧コンテンツからの移行データの為、小さい写真の記事が多くあります。

生蛍烏賊/ホタルイカ

なまほたるいか / ホタルイカ
生蛍烏賊/ホタルイカ
握り

ホタルイカの入荷が盛期を迎えている。
 2月から山陰、若狭からのゆでホタルイカがきて、3月になって生の到来をみる。
 この生ホタルイカをどう評価していいのか難しい。
 生はゆでホタルイカの数倍の値段。
 値段が高い理由は刺身で食べるためだろう。
 でもこんなに小さいのに寄生虫(旋尾線虫)がいるために、内臓を取り去らなければならない。
 これがなかなか面倒だ。
 
 そこまでして刺身で食べたいのか?
 というのが今回のテーマでもある。
 福井県産の生ホタルイカをおずおずと、たかさんに渡す。
 4尾、5尾。
 まずは2尾ほどワタだしをして、刺身で食べる。
 たかさんの顔がほころんだので、5、6尾追加する。
「うまいよ、これは」
 ボクも慌てて食べてみたら、確かに、間違いなくうまい。
 柔らかい中にフワリと甘みが来て、イカらしい旨味もある。
 シコっとした食感も「あるじゃない」。

 最初にかなり小さめにすし飯を握り、また飯粒で加減してイカを乗せて、再度握って形を見る。
「これでいいかな」
 出てきたのは、まだまだ形として決まってはいない。
「なかなか難しいんだね」
「そうだね。思ったほど身がピンと立たないだろ、それに耳が垂れ下がるよね」
 そんなことどうでも良くなるほどに、握りはうまいものだった。
 小振りなんだけど、これがシコっとした食感の中に甘みがフワリ、次いですし飯が来るんだけど、相性がいいのか全体の味わいとなって響き合っている。

「たかさん、これはいけますね」
「いけるね。でもウチじゃ出せないね。残念だ」
 『市場寿司 たか』は薄利多売。
 しかも人件費がすしの値段に影響するので、たった一人っきりなのだ。
 ボクが今度ボランティアでホタルイカの仕込みでもやりますか。

寿司ネタ(made of)

ホタルイカ
英名/Firefly squid, Luminescent dwarf squid,Sparkling enope squid

ホタルイカ
小型イカの総論
小型のイカは比較的流通が狭く、産地ならではのものが多い。
今では日本中で人気のホタルイカも本来は富山湾名物といったもの。
これに瀬戸内海を代表するベイカ、ミミイカなどが小イカ類の代表的なもの。
またヤリイカ・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。