寿司図鑑 1213貫目

かいさまずし

かいさまずし / タチウオ
かいさまずし
郷土ずし Kyoudozushi

価格ランク

並

 徳島県の阿南市から高知県にかけて盛んに作れレ手いるのが「押しずし」である。これを高知県では「ひっつけずし」とか、皮が下で身が上なので「かいさまずし」と記憶する。
「かいさま」とは逆さまのことで表(皮)を下に裏(身)の方を表にするという意味。酢でしめたタチウオの身を、身の方を上にして押しずしにしている。
 すし飯は甘味も酢も控えめで軽く、よく酢じめされたタチウオの身も優しい味である。
 高知県でも徳島県でも基本的にすしは祭のときに作る。本すしを買い求めた高知県安芸郡東洋町ではどの季節のなんという祭で食べるのだろう。
2014年10月17日

寿司ネタ(made of)

タチウオ
英名/Largehead hairtail,Cutlassfish, Scabbardfish,Hairtail,Ribbonfish

タチウオ
年間を通して味がよく、人気の高い魚。
スーパーでも切り身でパック詰めされて売られていて、塩焼きに、煮つけに、ムニエルにと一般家庭でもよく利用されている。
この人気からか東南アジアなどから近縁種を冷凍輸入している。・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。
おすしのずかん
ぼうずコンニャク監修の本。