寿司図鑑 1395貫目

ハガツオの握り

はがつおのにぎり / ハガツオ
ハガツオの握り
握り

価格ランク

やや高級

 ハガツオは関東でなかなか手に入らない貴重な存在の魚だ。ときに入荷しても体色がにぶく、とても生食できるようなものではない。魚類中、もっとも味のいい魚だと思っているので、まことに残念でならない。
 今回のものは三重県に行ったときに手に入れたもの。どうしても一日置いた形なので身色はにぶいが、脂がのっていて切りつけた身がほどよく軟らかい。この軟らかさがすしダネとしていいのだ。
 これをつけてもらい口に放り込むやいなや表面の脂の甘味が感じられる。ねっとりと舌にからみつくようで、そこにうま味が強く感じられる。すし飯と合わさって、一体となって喉に消えていく。酸味はわずかだが、これがために後味が軽く感じられる。
 まさに握りとしては主役級。これがあればマグロはいらない、そんな味である。

寿司ネタ(made of)

ハガツオ
英名/Striped bonito フランス語/Bonite oriental スペイン語/Bonito mono

ハガツオ
サバ科のなかではあまり漁獲量が多くない。そのため意外に手に入らない魚のひとつ。産地などでは味のよさから好んで食べられているが、消費地では知られていない魚でもある。
ただしときにまとまって取れることがあり、関東ではこれを煮たり、焼いたりして食・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。
おすしのずかん
ぼうずコンニャク監修の本。