寿司図鑑 1402貫目

カワハギの握り

かわはぎのにぎり / カワハギ
カワハギの握り
握り

価格ランク

高級

 すし職人、渡辺隆之さんは「活のカワハギは身自体にうま味があるので、そのままつける方がいい」という。食べ方は、「お好きなように」だがここではすだちをしぼり、塩で食べてみた。
 カワハギとすし飯の馴染みはイマイチで、種だけが口に残ってしまうのが難点だが、活魚の弾力と生きている身のうまさが堪能できる。またすだちなど柑橘類との相性が非常にいい。
 面白いのはまだ死後硬直もしていないのに、甘味が強いことだ。
 ついつい数をつまんで、1尾くらいは食べ尽くすことが出来る、そんなうまさである。

寿司ネタ(made of)

カワハギ
英名/Threadsail filefish, Leatherfish, Filefish

カワハギ
国内の沿岸に普通に見られる魚で、味のいいことが広く知られている。夏の季語となっているが、この時季は真子が大きくなっていて、むしろ秋から冬にかけてが美味。ふるくはそれほど値の張る魚ではなかったが、近年秋から冬のカワハギは驚くほど高価。・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。
おすしのずかん
ぼうずコンニャク監修の本。