寿司図鑑 307貫目
寿司図鑑1~856貫目は旧コンテンツからの移行データの為、小さい写真の記事が多くあります。

本田がれい/サメガレイ

ほんだがれい / サメガレイ
本田がれい/サメガレイ
握り

価格ランク

やや高級

 ケータイがなった。まだ6時前だ。八王子綜合卸売センター『高野水産』の社長である。
「あのさ、“ほんだ”っていうカレイ知ってるかな。うまいって言うんだけど。見た目が悪いんだ」
 高速の上みたいなので、大田市場からの帰りだろう。これを聞いて即決で我が家が確保することにする。
“ほんだ”というのは三陸でのサメガレイの呼び名で、これがうまいのだ。高野社長が持ち帰ったサメガレイ、箱を開けた途端に「きったねえカレイだな」と知り合いの寿司屋が呟いた。
 確かに粘液にまみれた黒いカレイはとてもうまそうには見えない。「これがうまいんだ」といいながら早速5枚に卸す。出てきたのは見事な白身である。
『市場寿司 たか』の渡辺隆之さんは丸の状態は見ていない。素直に握りにしてそのうまさに素直に感激してしまっている。
 白身なのに脂がのっている。噛むとジワリと甘い脂が浮いてくる。たかさんが、
「握りにしてきれいだし、これなんなんだい」
 というので撮影したデジカメの画像を見せて、魚の名前を教える。
「サメガレイか。これを仕入れるヤツは目利きっていう魚だな」
「珍しいね、ほめてくれるなんて」
「サメちゃんをほめたの」

寿司ネタ(made of)

サメガレイ
Roughscale sole

サメガレイ
琉球列島をのぞく日本各地に生息する大型のカレイだ。
主な産地は北国、日本海。古くは粘液の多さや脂が強いので安い魚の代名詞であった。産地での扱いも悪く、余計に値のつかないという悪循環が生まれていた気がする。
それが近年の脂嗜好、高鮮度化などで・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。