寿司図鑑 651貫目
寿司図鑑1~856貫目は旧コンテンツからの移行データの為、小さい写真の記事が多くあります。

白魚/シラウオ

しらうお / シラウオ
白魚/シラウオ
握り

芭蕉の「曙や白魚の白きこと一寸」や、また江戸時代には白魚を送り合う風習があったという。
 ここでいうシラウオというのはサケ目シラウオ科の「白魚」であって、よく混同されてまぎらわしいスズキ目ハゼ科のシロウオ、「素魚」ではない。
 シラウオは川をかなり上手まで遡上するようで江戸時代には隅田川(荒川)をのぼって千住でもとれていたし、霞ヶ浦、利根川などでも名物とされていた。
 すなわち江戸庶民の暮らす神田、上野下谷、また隅田川を渡って深川や本所など江戸前の魚だったのだ。
 このシラウオは寒くなってくると出てくる。
 そして初夏となって終わるのだ。

 これを4〜5本束ねて海苔帯をかけるのは江戸前の古くからの技である。
 新暦とはいえ、ひな祭りの日に『市場寿司 たか』で出してくれたもの、それがシラウオである。
 シラウオの苦みは旨味と同時に感じられる。
 当然苦みには甘みが伴っているので、すし飯と合わさり奥の深い味わいが口いっぱいに広がってくるのだ。

 シラウオが食べられるのもあと、どれくらいだろう。
 河村青果(八百屋)で菜の花をと、売れ残った桃の花を買って帰る。

寿司ネタ(made of)

シラウオ
英名/Icefish, Whiting, Glassfish

シラウオ
国内にはシラウオ、イシカワシラウオ、アリアケシラウオ、アリアケヒメシラウオの4種が生息する。
食用となっているのはアリアケヒメシラウオ以外の3種。
主に食用となっているのはシラウオとイシカワシラウオの2種。
島根県宍道湖、中海など淡水の影響・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。
おすしのずかん
ぼうずコンニャク監修の本。