寿司図鑑 723貫目
寿司図鑑1~856貫目は旧コンテンツからの移行データの為、小さい写真の記事が多くあります。

花鯛/チダイ

はなだい / チダイ
花鯛/チダイ
握り

気になると買ってみるしかない。
 何が気になるかというと、その鮮度と脂の乗りなのだけど、なんども買うことでその種(魚)の旬がわかってくるというのもある。
 意外に馴染みのある魚の旬がわからないことが多く、そのひとつがチダイとなっている。
 暮れに立て続けに見事なチダイの入荷があった。
 そして年始となって、一月半ばを過ぎたら、ぱたりと入荷がとまったのだ。
 暮れに入荷したチダイの箱は無印だから、仲買に「千葉産かな」と聞いてみると、「そうだよ」との答え。
 ようするに、未だに仲買にとって産地などどうでもいいのかしらん、などと思う。

 さて、今回のチダイが千葉県産だとしたらすし屋の品書きは「花鯛」とすべきだ。
 品書きは、輸入物など玉石混淆ならば「必ず標準和名が必要である」が、国内でとれた場合、その土地土地の地方名を大切にしてもらいたい。

 『市場寿司 たか』でこの見事なチダイを手渡すと、寿司職人の渡辺隆之さんが、
「そういえば寒くなると、あんまりハナダイ(花鯛)買わないよな」
 なんとなくチダイは春長けて、初夏、夏の魚というイメージがある。
 じゃあ、冬のチダイはまずいのだろうか?
 なんと卸していると卵を抱えていて、早い時期に産卵する個体なのだろうと想像できる。
 そして「これは脂あるよ」ということで、期待が膨らんできて、目の前に4かん。
「朝食べてないんだろ、それで味わかる」
 昨日(?)は午前帰宅(深夜帰宅)だったので朝方何も食べられなかった。

 当然、空腹であるのだから、この握りがまずいわけがない。
 むしろうますぎる。
 人心地ついて思考が蘇ってきたのが、三かん目を口にしたときから。
「これうまいんじゃない。甘みがあるんだけど、これ脂からもきてるよね」
「そう、そう。わかるんだ。睡眠不足のときは舌ザラザラで河童巻きしか食べられないんだろ」
「今日は大丈夫。卵を抱えていたということは、この魚(個体)としては脂ののった時期ということだね」
「まあね。マダイは春で、チダイは少し遅れて桜の咲く時期から夏かな、なんて思ってたけどね」
「たかさん、一匹分全部握ってくれる。朝ご飯にするから」

 ということで一匹全部握りにして、たかさんと二人で遅い朝ご飯にした。
 なんかん食べても飽きが来ない、いやじゃない。
 最後に河童巻きをお願いしてしめとする。

寿司ネタ(made of)

チダイ
Crimson sea-bream

チダイ
日本各地の沿岸に普通に見られる、中型魚。国内でとれる赤い鯛3種(マダイ、チダイ、キダイ)のひとつ。
底引き網や定置網、釣りなどでとれ、ときにまとまって水揚げされる。
幼魚(春日子、柴鯛とも)と成魚で利用法が異なり、加工品原料ともなる。まとま・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。