寿司図鑑 1340貫目

うなぎの湯引き握り

うなぎのゆびきにぎり / ニホンウナギ
うなぎの湯引き握り
握り

価格ランク

高級

 活けウナギを開いて、薄くそぎ作りにして握ったもの。湯引きして氷でしめることでウナギの血液の毒性を抑えている。
 噛みしめると味わい深く、ほんのりとした甘味は脂からくるものだと思うが実にうまい。
 すし職人、渡辺隆之さんはすし飯との馴染みが悪いので、あえて握る必要はないだろう、と言う。
 ただし握りとしても魅力的なもののひとつではないだろうか? 仕込み方法から考えて定番的なすしダネにすることは無理だけれど、ときどき食べたくなりそうだ。

寿司ネタ(made of)

ニホンウナギ
Japanese eel

ニホンウナギ
江戸時代からの高級魚。当時は露天の店と、座敷のある店があった。座敷のある店でウナギを食べることは一種のステータスでもあった。あまり一般的なものではなかったものだが、養殖が確立して急速に食用魚としての重要度を高めた。最近では明治期に始まった養・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。