寿司図鑑 753貫目
寿司図鑑1~856貫目は旧コンテンツからの移行データの為、小さい写真の記事が多くあります。

白波多の握り

しろはたのにぎり / ハタハタ
白波多の握り
握り

価格ランク

並

鳥取に来たら、やっぱりハタハタでしょう。
 最近はこんな気分になる。
 ハタハタというと秋田県が有名だが、鳥取県人の「白はた」びいきもすごい。
 鳥取市の隣町岩美町網代港、ずらりと並ぶハタハタの発泡に地魚を愛している川上さん(ばばちゃんの考案者)がボクに聞いてくるのだ。
「白はたとハタハタは違う魚じゃろ。色が違うし、脂も白はたの方がのっちょる」
 鳥取で長年魚貝類を扱ってきた浜勝商店十九百さんなども間違いなくこのように思っている。

 だから鳥取に来たら、すし屋ではハタハタを探そう!
 そして『寿司若林』にもちゃんとあったのだ。
 出てきたものには、多少稚拙なところもあった。
 だいたい背鰭が残っているし、ネタが大きすぎる。
 粋じゃないけど、産地らしい握りだな、と思う。
 酢でしめているのも正解だ。

 酢のしめ加減がほどよく、ハタハタの味わいを殺していない。
 いいネタの味である。
 ここにはんなりしたすし飯がくる。
 
 これならまた賀露にきたらハタハタを食べたくなる、そんな握りだ。
 八かん食べた後でも、このハタハタの握りは十二分にうまい。
 
鳥取市賀露港かろいち内『寿司若林』
http://karoichi.jp/index.php

寿司ネタ(made of)

ハタハタ
英名/japanese sandfish,Sailfin sandfish

ハタハタ
寒流域の沿岸にいる体長20cmほどの小魚で日本海北部と西部に系群があり、また北海道にも系群がある。
北国の魚で本来はローカルな魚である。知名度が上がったのは1970年代ではないかと思うが、その頃すでに流通していた東京都周辺(東日本)にまでだ・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。