寿司図鑑 752貫目
寿司図鑑1~856貫目は旧コンテンツからの移行データの為、小さい写真の記事が多くあります。

鳥取市賀露港かろいち内『寿司若林』本日の8かん

ほんじつのはっかん / クロマグロ & ブリ & ズワイガニ & ホタテガイ & ケンサキイカ & アカイカ & ソデイカ
鳥取市賀露港かろいち内『寿司若林』本日の8かん
握り

コルクボードに貼られた本日の8かんは「かんぱち、たい、マグロすき身、赤いか、まるご、ほたて貝、よこわ、かに」。
 これで700円は非常に安い。
 もしもこれを東京の普通のすし屋(出前などもやっている)で食べると1600円、中流どころで2400円はするだろう。
 東京で食べる半値以下、もしくは三分の一ほどである。
 田舎なんだから安くて当然だと思うのは大間違い、海辺の汚いすし屋に入ったら値段だけは東京以上だったなんてことだって少ないのだ。
 さて画像左上から見ていく。

 左端はイカであることは間違いなく、「赤いか」とあるが実は難しい。
 関東の市場で単に「赤いか」というとケンサキイカをさし、冷凍食品の店だとソデイカのこと。
 アカイカという標準和名のイカもいるので本当になんだろうね?
 ただ鮮度がいいこと、鳥取で「タルイカ」と呼ばれているソデイカがそれこそ賀露港の競り場を埋め尽くしているところから、それかな?
 でも最近のロールイカ(冷凍のソデイカ)は非常に優れているので、やはりここでは保留。
●ソデイカへ
http://www.zukan-bouz.com/nanntai/tutuika/sodeika.html
 アカイカへ
http://www.zukan-bouz.com/nanntai/tutuika/akaika.html
 ケンサキイカへ
http://www.zukan-bouz.com/nanntai/yariika/kensakiika.html

 その右側が「まるご」だ。
 山陰で「まるご」というのは関東での「サンパク」、「ワラサ」のことで3キロ前後から7キロあたりのブリのこと。
 これは間違いなく地物、もしくは境港産。
 思った以上に味があり、脂ものっている。
●ブリへ
http://www.zukan-bouz.com/aji/buri/buri.html

 左から2番目、赤いのが「よこわ」。
 要するにクロマグロの10キロほどのもの。
 たぶん境港からきたもので、地物(鳥取県産)となる。
 これはうまい、絶品だ。
●クロマグロへ
http://www.zukan-bouz.com/saba/maguro/maguro.html

 書き忘れたけど、すし飯はややはんなりして東京よりもやや甘い。
 握り加減も下手な関東のすし屋よりも上手なんだからすごいね。

 いちばん右が「かに」なんだけど、これは冷凍のズワイだろう。
●ズワイへ
http://www.zukan-bouz.com/kani/kumoganika/zuwaigani.html

 下段左端のホタテは間違いなく冷凍。
●ホタテへ
http://www.zukan-bouz.com/nimaigai/pteriomorphia/itaya/hotate.html

 その右のマダイは微妙だけど、地物の可能性大。
 これもいい味だ。
●マダイへ
http://www.zukan-bouz.com/suzuki2/taika/tai.html

 その右が軍艦にのったメバチマグロ。
●メバチマグロへ
http://www.zukan-bouz.com/saba/maguro/mebatimaguro.html

 右端がたぶん養殖のカンパチだろう。
●カンパチへ
http://www.zukan-bouz.com/aji/buri/kanpati.html

 よくできた取り合わせに、右隣に無駄な巻物2つ。
 これはいらない。

 さて、なによりも驚くのはカウンター内のオッカサンの寿司職人としての腕前である。
 すし飯のできも悪くない、硬さもほどよい。
 これなら繁盛するのもわかろうというものだ。
 ここにもっと地魚を増やすと名店の誉れ高いものとなるだろう。
 
2009年10月13日

寿司ネタ(made of)

ソデイカ
Rhomboid squid

ソデイカ
沖縄から海流に乗って、九州、本州に流れてくる大型のイカ。非常に大型になるので日本海側などで見かけるとほとんどの人がビックリするようで、テレビなどでの露出も少なくない。
鮮魚としての認知度は低いが、冷凍ロールイカ、味噌漬け、イカステーキなどで・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

寿司ネタ(made of)

アカイカ
Flying squid

アカイカ
「アカイカ」という名で流通するイカは標準和名アカイカの本種だけではない。沖縄から九州、山陰などで揚がるソデイカやケンサキイカも「アカイカ」という名で流通する。
北太平洋に沖合を廣く回遊する大型のイカ。
本種が脚光を浴びたのは割きイカ、ソフト・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

寿司ネタ(made of)

ケンサキイカ
Swordtip squid

ケンサキイカ
ケンサキイカはスルメイカやヤリイカよりも温暖な海域を好み、日本列島の暖流の影響の強い沿岸域からインド洋-西太平洋に広く分布する。
小型のメヒカリイカ型、中型で山陰に見られるブドウイカ型、大型になるゴトウイカ型の3型がある。また熱帯域にかけて・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

寿司ネタ(made of)

ブリ
Japanese amberjack

ブリ
大きさによって名前が変わる出世魚。イナダから値段がつくが、意外に小さいものは未利用魚となることが多い。年取魚は西日本(富山県・長野県・岐阜県・愛知県を境にして)のブリ、東日本のサケと、年取り魚は東西で分かれる。粕汁の材料も西ではブリ、東では・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

寿司ネタ(made of)

クロマグロ
Pacific bluefin tuna

クロマグロ
マグロのなかのマグロといった存在がクロマグロで別名「本マグロ」とも呼ばれている。マグロ類中もっとも北方にまで回遊、もっとも大型になる。魚類中もっとも高価に取引され、2012年初競りでは祝儀値段とは言え、キロあたり21万円、1本5649万円で・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

寿司ネタ(made of)

ズワイガニ
英名/Queen crab, Snow crab, Zuwai-crab フランス名/Crabe des neiges

ズワイガニ
太平洋の寒流域に広く生息。雄が大きくなり、雌とは別のカニと思えるほど。国内外でとれる高級ガニの代表的なものでもある。国内ではロシアからの輸入ものが多く、北海道、東北、日本海側で漁が行われている。
日本海では冬の風物詩となっている。「隠岐松葉・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

寿司ネタ(made of)

ホタテガイ
Giant ezo-scallop, Common scallop, Frill, Fan-shell

ホタテガイ
ホタテガイ類総論
ホタテガイを代表とするイタヤガイ科の二枚貝には食用種が多い。
ホタテガイ、ヒオウギガイ、イタヤガイ、アズマニシキ、アカザラガイなど。
古くから美味な二枚貝として人気のあるものばかりで、ホタテガイ、イタヤガ・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。