寿司図鑑 1022貫目

めじまぐろ赤身握り

めじまぐろあかみにぎり / クロマグロ
めじまぐろ赤身握り
握り

価格ランク

高級

寒い時期の日本海でとれたメジマグロ(20kg以下)はへたな大物(20kg)以上に味がいい。
特に佐渡でとれる本マグロ(クロマグロ)はメジマグロとはいえブランド品扱い。
「佐渡」の文字が載るだけで高級品となる。
今回のものもその佐渡島で水揚げされた10.6kgものの下(体の後半)背の部分の赤身を握りにしてみた。
煮きりをひとはけ、出てきたものを口に入れると脂は少く、甘味は舌先に感じられないものの、ほどよい酸味と豊かなうま味には衝撃を受けるほどである。
実にうまい!
すし飯の酸味とも相性がよく、これほどにうまい握りにはめったい出合えない、そんなレベルの一かんである。

寿司ネタ(made of)

クロマグロ
Pacific bluefin tuna

クロマグロ
マグロのなかのマグロといった存在がクロマグロで別名「本マグロ」とも呼ばれている。マグロ類中もっとも北方にまで回遊、もっとも大型になる。魚類中もっとも高価に取引され、2012年初競りでは祝儀値段とは言え、キロあたり21万円、1本5649万円で・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。