寿司図鑑 793貫目
寿司図鑑1~856貫目は旧コンテンツからの移行データの為、小さい写真の記事が多くあります。

鱧/ハモ

はも / ハモ
鱧/ハモ
握り

ハモは関東では特種な食材だが、西日本に来ると、それほどでもない。
 すしネタとしてもたびたび出合う。
 ハモの産地である、山口県のすし屋でちゃんと出てくるのが、なんとなくうれしいところ。
 県水産課などでも、ハモの販売促進に取り組んでいる。
 山口は「ハモを売らないといけない県」なのだ。

 すしの重さが20グラムほどなのだから、ちょこんとして、小さい。
 上にのるのは梅肉と、青じそだろう。
 この店の特徴が胡麻をパラリと落とすことらしい。
 梅肉、青味はいいにしても、胡麻の意味合いはよくわからない。
 骨切りして、牡丹の花びらが開いた模様がなかなかよろしいな。
 口に入れるとフォワっとほどけるようで、骨切りもよくできている。
 ハモにも脂がのっていて、すしとしての完成度が高い。

 ただ、この大きさでは、あと二かんほど食べたいものだと、もの足りぬ思いがつのる。

なかたに 山口県山口市下竪小路76

寿司ネタ(made of)

ハモ
Daggertooth pike conger

ハモ
紀伊水道、瀬戸内海、九州などが名産地。盛んに釣り漁、底曳き網漁が行われている。
ハモを好むのは関西など。産地でもある大阪では庶民の味でもあり、スーパーなどにも普通に並んでいる。また生命力の強いハモは内陸の京都に運んでも、まだ生きている。この・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。