寿司図鑑 113貫目
寿司図鑑1~856貫目は旧コンテンツからの移行データの為、小さい写真の記事が多くあります。

春日子生/マダイ

かすごなま/まだい / マダイ
春日子生/マダイ
握り

春日子(かすご)はきちんと仕事をするもんだと思っていた。ところが、たかさんが不思議なことを言うではないか。「これの生ってのが出るんだよね。むしろ客はしめたのよりも好きっていうからね」。ほんまにそないなことあるんかいね、と2かん握ってもらった。マダイといっても幼魚だから味はあまりない。当然脂もないのだけれど、やや柔らかめの身がすし飯にすんなり馴染んで、口中から消えていく。確かに小さいとは言え、マダイの味わいはあり、それが舌に微かに余韻として残っている。こんな軽いネタがあってもいいのだろうか?

寿司ネタ(made of)

マダイ
Red sea-bream

マダイ
亜熱帯域をのぞく日本列島全域に生息する。釣り(延縄も)、定置網、底曳き網とマダイをとる漁法も多彩。
タイの中のタイで古くから高級魚。タイは「目出度い」として祝儀にも使われる。
高級魚の代名詞ともいえそうなもので、「エビでタイを釣る」は卑小な・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。