寿司図鑑 1113貫目

イボダイの酢じめあぶり

いぼだいのすじめあぶり / イボダイ
イボダイの酢じめあぶり
握り

価格ランク

並

徳島県人なので「ぼうぜ」が大好きだ。阿波ではマグロはなくても「ぼうぜ」がないと生きていけない、というほどにイボダイをよく食べる。
生でも食べるのだが、酢じめで食べることも多い。
今回は『市場寿司 たか』に締めすぎた私好みの「ぼうぜの酢じめ」を持ち込んで握りにしてもらう。
酢じめは塩で半時間、酢で半時間漬け込んだもの。
大量に作り、この日で3日間食べてきて、最後に残った1尾を見ていたら、名残惜しくなって握りにしてもらったのだ。
たかさん曰く、酢が入りすぎている、というがこれが好きなんだから致し方ない。
たかさん、あれこれ考えた末に、すしダネに切りつけてあぶり、まだ温かいのを目の前によこした。
表面は焼いているものだから、生ではない。ほろりと崩れて、ほんのり甘酸っぱい。舌の上で崩れるほどにうま味と甘みがぐちゃぐちゃに脳みそに突き上げてくる。
こんな素朴なはずの握りが、これほど官能的にうまくていいのだろうか。
徳島県人はこの一かんで即死状態になるかも、そんな一かんである。

寿司ネタ(made of)

イボダイ
Pacific rudderfish, Butterfish

イボダイ
日本列島周辺に多い中型の魚である。主に底曳き網、定置網などで上がり、流通量も少なくない。鮮魚は明らかに高級魚である。
一般には鮮魚よりも干もの(開き干し)として見ることが多いが、輸入魚のバターフィッシュなどと混同されていることが多い。本種の・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。