寿司図鑑 1182貫目

ツナきゅうり巻き

つなきゅうりまき / キハダマグロ
ツナきゅうり巻き
海苔巻

価格ランク

安

すし職人の方に「すし屋ならではのまかない」を聞いて回っていた。そこで二回も登場したのが「ツナ缶」。店が終わった後に生ものでもないだろう、といって肉では重い。それでこのようなものが考えられたようだ。当たり前だけど、お客に出すものではない。
ツナだけを巻いてもおいしくはない。きゅうりがあってこその巻ものなのだという。
市場で買い求めたのが「シーチキン Lフレーク 純」。味見するとクセがなくほんのり甘い。「優しい味なんだね。ツナって」。たかさんも作ったことがあるようで、すんなりと目の前に。
ツナの味とすし飯が実に合うが、なんとなく平坦な味である。ここにきゅうりの青い香りと歯触りがきて絶妙の味が出来上がる。
「店ではだけないけど、美味しいから家族には作る」という一巻きらしい。
美味しい!
2013年02月13日

寿司ネタ(made of)

キハダマグロ
Yellowfin tuna

キハダマグロ
古くからの産地である高知、三重、九州などが近い関西でよく食べられていたもの。大阪では「本ハツ」。マグロをさす「ハツ」に本が冠せられている。これはクロマグロよりも漁場が近く、鮮度のいいものがふんだんに手に入ったためだという。
最近では関西でも・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。