寿司図鑑 862貫目

キハダマグロの赤身

きはだまぐろのあかみ / キハダマグロ
キハダマグロの赤身
握り

価格ランク

やや高級

キハダマグロは主に西日本に多く、そして西日本で好まれている。
中トロ、大トロはなく、原則的には「赤身」である。脂がのっているほど赤い。マグロ屋の前を通ったら見事な赤身があって、「メバチかな」と思ったら、「キハダだよ」という。
これほど見事なキハダは珍しい。「この時期の銚子産はいいんだ」というので『市場寿司 たか』で握りに。
深い味わい、甘みが強く、ほどよい甘み。なんといっても軟らかく、すし飯との相性がいい。
キハダを見直した一かんである。

寿司ネタ(made of)

キハダマグロ
Yellowfin tuna

キハダマグロ
古くからの産地である高知、三重、九州などが近い関西でよく食べられていたもの。大阪では「本ハツ」。マグロをさす「ハツ」に本が冠せられている。これはクロマグロよりも漁場が近く、鮮度のいいものがふんだんに手に入ったためだという。
最近では関西でも・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。