寿司図鑑 1414貫目

ミナミマグロの大トロ握り

みなみまぐろのおおとろにぎり / ミナミマグロ
ミナミマグロの大トロ握り

価格ランク

超高級

 大トロはクロマグロ(本マグロ類)と本種からだけ取れる。非常に希少な部位でもあり、非常に高価でもある。クロマグロの旬は秋から早春だとしたら、本種は晩春から秋がいちばんうまいときで入荷量も増える。寒い時季に脂がのるクロマグロに対して夏に脂がのるのでまさに「夏のマグロ」だ。
 クロマグロ(本マグロ類)と肩を並べて、頂点にあるのが本種の大トロ。網目状に入り込んだ脂が室温でも微かだが溶け出してくる。この溶け出した脂が甘い。
 口に放り込んで軟らかく、すし飯を包み込むように崩れて溶け始める。
 一かんだけでの満足度もすしダネ中随一。1尾のマグロからとれる量もわずかでしかないので、飽食するわけにもいかないのだけが、残念な点だ。

寿司ネタ(made of)

ミナミマグロ
Southern bluefin tuna

ミナミマグロ
クロマグロ、タイセイヨウクロマグロと同様大トロがとれるために、非常に高価なもの。クロマグロ、タイセイヨウクロマグロが主に北半球にいるのに対して、南半球のみであがる。旬は北半球のマグロが秋から冬なのに対して晩春から夏に旬を迎えるので、夏のマグ・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。
おすしのずかん
ぼうずコンニャク監修の本。