寿司図鑑 1412貫目

ミナミマグロ赤身握り

みなみまぐろあかみにぎり / ミナミマグロ
ミナミマグロ赤身握り
握り

価格ランク

やや高級

 河岸では「インド」である。これは昔、インド洋で大量に水揚げされていたためだ。 
 昔はインド洋や南半球から冷凍して持ち帰っていた。今では冷凍物もあるが冷蔵して空輸したものもある。超低温で冷凍したとはいえ、やはり冷蔵ものの方がうまい。
 旬は本マグロ(クロマグロ)とは真逆で夏である。
 今回のものはニュージーランド産のチルド。赤の発色のいい上物である。
 すし屋の「夏の定番ネタ」のひとつ。ボクは初っぱなから赤身をお願いすることも多い。もしくは〆とか。
 脂の内部分ながらほどよい酸味に口当たり、まろやかで大きいうま味がゆったりと舌の上に感じられる。
 すし飯との馴染みもとてもよく、個人的には安心の一かんと呼んでいる。

寿司ネタ(made of)

ミナミマグロ
Southern bluefin tuna

ミナミマグロ
クロマグロ、タイセイヨウクロマグロと同様大トロがとれるために、非常に高価なもの。クロマグロ、タイセイヨウクロマグロが主に北半球にいるのに対して、南半球のみであがる。旬は北半球のマグロが秋から冬なのに対して晩春から夏に旬を迎えるので、夏のマグ・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。