寿司図鑑 303貫目
寿司図鑑1~856貫目は旧コンテンツからの移行データの為、小さい写真の記事が多くあります。

へしこいわし/カタクチイワシ

へしこいわし / カタクチイワシ
へしこいわし/カタクチイワシ
握り

東京湾内房で「へしこ(カタクチイワシ)」を1キロほどいただいて帰ってきた。握りにするつもりでいたところ全部平らげてしまって、「失敗したな」と後悔しきり。その翌日、今度は市場に三重県からのカタクチイワシがあるではないか? これが鮮度抜群。喜び、慌ただしく手開きにして水洗い、『市場寿司 たか』に持ち込む。石けんで何度も洗ったはずなのに手開きにした指がまだぬめぬめする。それだけ脂がのっているのだ。この握りが絶品だった。なにしろ脂があってネタの表面がトロンとして、すし飯とともに咀嚼すると身自体はしっかり存在感がある。微かに感じる苦みがいい。「うううまいな。これ。寒の内のしこいわしって言うよね(これ知りません)。仕入れようかな」。腕組みして考え込んでいるので「仕入れるべきでしょ、これくらいうまいんだから」と言うと、「そう、じゃ待っててね。開くの手伝って」というので逃げてきました。

寿司ネタ(made of)

カタクチイワシ
Japanese anchovy, Half mouth sardine

カタクチイワシ
一般的に「いわし」とされているのはマイワシ、カタクチイワシ、ウルメイワシの3種のこと。
本種は成魚も重要だが、一般的に「しらすぼし」、「ちりめん」の原料として知られている。
関東の市場への鮮魚での入荷は少なく、都市部のスーパーなどでもあまり・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。
おすしのずかん
ぼうずコンニャク監修の本。