寿司図鑑 1286貫目

カツオの手こねずし

かつおのてこねずし / カツオ
カツオの手こねずし
郷土ずし Kyoudozushi

価格ランク

並

 三重県の郷土料理に「手こねずし」がある。カツオの産地である三重県では新鮮なカツオの切り身をやや甘めのしょうゆだれに漬け込んで、すし飯につけだれを少々加えながら混ぜ込む。
 混ぜ込むとき、しゃもじではなく、手でやるので「手こね」なのである。
 カツオのうま味と爽やかな酸味、そして甘味が実にいい。めっぽう箸が進むので一升くらいは作った方がいいかも。

寿司ネタ(made of)

カツオ
Striped tuna, Skipjack tuna, Oceanic bonito

カツオ
世界中の温暖な海域に生息している。世界中で食用となっているが、古代から節になり、日本の食文化を生み出してきた。
また節(カツオ節)以外では江戸時代以来、昭和高度成長期までは塩ガツオ、なまり節などの四十物(塩干)として出回っていたものが主流だ・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。