寿司図鑑 135貫目
寿司図鑑1~856貫目は旧コンテンツからの移行データの為、小さい写真の記事が多くあります。

小鰯/マイワシ

こいわし / マイワシ
小鰯/マイワシ
握り

蒸し暑い夏の朝、市場の仲卸店先で寿司屋さん、居酒屋さんたちが奪い合っているものがある。
 見ると三河湾からきた小振りのマイワシである。
 体長12センチほどしかない。
 箱を見ると懐かしい「毎味水産」の文字。
 エビの取り扱いでは我が国でも屈指の毎味水産は三河湾の幸を送り出してくる荷主でもあるのだ。
 これじゃとても手が出ない。
 諦めていたら、たかさん、しっかりこれを仕入れている。

 ちょっと遅い午後に店に顔を出すと、
「こんなものが1匹残っているんだけどね」
 と出してくれたのだ。
 これが絶望的にうまい。
 どうして絶望的かというと1匹しか残っていない。
 こんな中途半端はダメダメといくら叫んでも後の祭り。

 まず身の色合いが淡い。
 口に放り込むと、柔らかく適度な脂がとろっと舌に甘味を残す。
 すし飯と馴染んでからの余韻もいいぞ!
「朝からね、イワシだから残るだろう、残るだろうと期待したの。持ってかえって食べようと思ってさ」
 でもたった一匹しか残らなかったようだ。
 たかさんにお感謝!

毎味水産
http://kotomi-suisan.jp/

寿司ネタ(made of)

マイワシ
英名/Sardine,Spotline sardine

マイワシ
古くから日本漁業の中心を担っていた魚。波はあるものの漁獲量が多く、値段が庶民的であるために鮮魚、加工品とも重要な魚種である。鮮度落ちが悪く、流通の発達する以前は「下魚」などとされていたが、近年ではやや高値安定で、評価も高い。・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。