寿司図鑑 1276貫目

このしろの魚ずし

このしろのうおずし / コノシロ
このしろの魚ずし
郷土ずし Kyoudozushi

価格ランク

安

 コノシロを食べる地域は限られる。まして好んで食べる地域は非常に少ない。その少ない地域の一つが熊本県上天草ではないだろうか?
 ここで見つけたのが姿ずし。これを当地では「このしろずし」、「魚ずし」というようだ。
 開いたコノシロの小骨が丁寧に抜かれていて、比較的酸味甘味を抑えた味つけがなされている。すし飯もあまり甘くないのがいい。
[熊本県上天草市]

寿司ネタ(made of)

コノシロ
Dotted gizzard shad

コノシロ
日本各地の浅い内湾、汽水域に群れを作る。
本種の若魚「こはだ」は東京では江戸時代以来、江戸前を代表する「光りもの」である。本来は江戸時代、握りずしの種を色合いと、酢でしめるという仕事をほどこす魚という意味合いから生まれた言葉だが、本種こそ光・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。