寿司図鑑 1408貫目

コノシロのあづま寿司

このしろのあづまずし / コノシロ
コノシロのあづま寿司
郷土ずし Kyoudozushi

価格ランク

安

 おからを使ったすしは江戸時代に江戸の街で生まれて全国に弘まったのではないか? それで広島で「東ずし(あずまずし)」、「吾妻ずし(あづまずし)」という「おからのすし」があるのだ。また島根県では「おまんずし」だが、これも江戸の街に実在してた女性の名前から来ているようだ。
 広島県はコノシロ(なかずみサイズ)の他、カタクチイワシやマイワシのものもあるという。おからのすしは軽く、甘味があって、午後のお茶請けなどに向いていそうな味である。

寿司ネタ(made of)

コノシロ
Dotted gizzard shad

コノシロ
日本各地の浅い内湾、汽水域に群れを作る。
本種の若魚「こはだ」は東京では江戸時代以来、江戸前を代表する「光りもの」である。本来は江戸時代、握りずしの種を色合いと、酢でしめるという仕事をほどこす魚という意味合いから生まれた言葉だが、本種こそ光・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。