寿司図鑑 742貫目
寿司図鑑1~856貫目は旧コンテンツからの移行データの為、小さい写真の記事が多くあります。

姫路「すし宗」の箱ずし

はこずし / マアナゴ
姫路「すし宗」の箱ずし
その他 Others

「大阪ずし」を特徴づける、その最たるものが“箱ずし”である。
 篠田統によると“箱ずし”の基本は、箱の底にすし飯を敷き、海苔を挟み、またすし飯をつめる。
 その上に「けら、白身、焼き身」の三種類の種をのせるのだという。
 「けら」は玉子焼き、もしくはエビのこと。
 体重をかけながら人力で押す、というのも特徴のひとつだ。
 『すし宗』のものをみると種の焼き穴子は「焼き身(マアナゴ)」に、ゆでえびが「けら(種名わからず)」、白身に「小鯛(種名わからず)」にあたるのだと思われる。
 まさにに基本的な形の箱ずしなのだ。

 しっかり味つけされた、すし飯に種それぞれの味わいがあって、なかなかいい。
 当然、しょうゆをつけないのも「大阪ずし」の本来の形だというのが思い出されてくる。
 小鯛もエビもマアナゴも総て調理されたもので、保存がきくというのも箱ずしの特徴なのだろう。

 これにエビだけ、マアナゴだけ小鯛、サワラ、穴子など一種類だけの箱ずしが品書きに載っている。
 姫路という瀬戸内に面した街だからマアナゴを一番手に品書きに持ってきているのも、面白いと思う。

すし宗 兵庫県姫路市南町58
http://www.sushi-hyogo.or.jp/susiya/himeji/sushisou.htm

寿司ネタ(made of)

マアナゴ
Conger-eel

マアナゴ
 北海道〜九州までの内湾に生息する。人口の多い都市部のある大きな湾(例えば東京湾、伊勢湾、三河湾、大阪湾、瀬戸内海)などに多い。
 狭い場所を好み、穴などにもぐり込む習性があるので「穴子(あなご)」で、「子(こ)」は魚を洗わす語尾。
 分類・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。
おすしのずかん
ぼうずコンニャク監修の本。