寿司図鑑 868貫目

穴きゅう

あなきゅう / マアナゴ
穴きゅう
海苔巻

価格ランク

高級

初夏から盛夏が旬。
マアナゴは中国、韓国などからも入荷するが、活魚、活け締めは非常に高い。
特に値が跳ね上がるのが初夏。そして夏にかけて高値が続く。この高値を呼んでいるのはすし店からの需要で、穴子は夏のすしダネなのだな、と思う。
これを『市場寿司 たか』で煮穴子にして握るのだが、目先をかえてキュウリと一緒に細巻きに。
マアナゴの脆弱なくらいの柔らかさ、そして甘さに、キュウリとすし飯の酸味が調和して強い一体感が生まれる。
「穴きゅう」は握りとは別種の味わいがある。

寿司ネタ(made of)

マアナゴ
Conger-eel

マアナゴ
 北海道〜九州までの内湾に生息する。人口の多い都市部のある大きな湾(例えば東京湾、伊勢湾、三河湾、大阪湾、瀬戸内海)などに多い。
 狭い場所を好み、穴などにもぐり込む習性があるので「穴子(あなご)」で、「子(こ)」は魚を洗わす語尾。
 分類・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。
おすしのずかん
ぼうずコンニャク監修の本。