寿司図鑑 797貫目
寿司図鑑1~856貫目は旧コンテンツからの移行データの為、小さい写真の記事が多くあります。

生鯖/マサバ

なまさば / マサバ
生鯖/マサバ
握り

店主曰く、「今日のサバをみてください」。
 大分県でも北、周防灘でとれたというもので、追加はヒラメの昆布締めと、この生のマサバとした。
 このマサバを見せられたら食べないわけにはいかない、それほどに見事なものだ。

 目の前におかれた一かんを見て驚いた。
 ネタの切りつけが、独特というかユニーク。
 平造りに切っている。
 その下に小さすぎるすし飯が、まるで仁王さんに押しつぶされそうになっている天の邪鬼のようではないか。
 このマサバの上に、やはり胡麻と青ネギ、ショウガがのっている。
 素晴らしいサバで恐ろしいほどにうまい。
 けど胡麻が邪魔だな。
 やっぱり胡麻の風味が感じられるのだ。
 それにすし飯は何処に?
 すし飯は小振りである場合には、強めの味つけにするべきだ。
 でもこの店のすし飯の味つけは控えめとなっている。
 地方のすし屋では、このすし飯の不具合に地団駄を踏む思いに駆られる。
 マサバの旨さだけでも、この店の優れているのはわかろうというものだが、おしい。

 すしネタの味わいに満足、すしの考え方に疑問を感じて、店を後にする。
 時刻はまだ12時半でしかない。
 もうひと歩きしよう。

なかたに 山口県山口市下竪小路76

寿司ネタ(made of)

マサバ
Chub mackerel

マサバ
古くは大衆魚、下魚などとされ、安くてうまい魚の代名詞だった。鮮魚としても加工品としても、魚のなかでももっとも重要なもの。古代には「なれずし」が作られ、江戸時代には塩さばや干しさばが広く流通した。塩さばは、「お歳暮」の起源となった。
これが資・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。
おすしのずかん
ぼうずコンニャク監修の本。