寿司図鑑 1533貫目

ちらし寿司

ちらしずし / ゴマサバ & マサバ & ヒジキ
ちらし寿司
郷土ずし Kyoudozushi

価格ランク

並

 高知県の海辺の町では、一見精進に見えて魚が重要な役割を果たしていることがある。それが「酢にごし」だ。高知県東部、東洋町野根の「ちらし寿司」は具はヒジキ、干しシイタケ、にんじん、こんにゃく、卵焼きだが、ようく見ると焼いた魚の破片がある。
 柚子の酢に砂糖と塩で味つけして、焼いたサバをほぐして混ぜる。澄んでいた合わせ酢が焼いたサバで濁るので、「酢濁し」なのだ。
 こうすると味わいが深くなり、精進だけではでない酢飯となる。

寿司ネタ(made of)

マサバ
Chub mackerel

マサバ
北半球太平洋に広く分布している。鮮魚としてだけではなく加工品としても重要な産業種だ。
古くは大衆魚、下魚などとされ、安くてうまい魚の代名詞だった。鮮魚としても加工品としても、魚のなかでももっとも重要なもの。古代には「なれずし」が作られ、江戸・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

寿司ネタ(made of)

ヒジキ
ハングル/톧(tot)

ヒジキ
日本各地の磯に普通に見られる。古くから国内、朝鮮半島などで食用になっていたもの。また古代から飢饉の時の救荒食としても重要だった。貧しい家庭では糧飯(米を節約するために混ぜる)に炊かれるものでもあった。
国内で生産される海藻類ではワカメととも・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

  • 登録がありませんでした

寿司ネタ(made of)

ゴマサバ
英名/blue mackerel  台湾/花腹鯖、芝麻鯖 中国/澳洲鯖

ゴマサバ
太平洋温帯域北海道から南半球オーストラリアまでの広い海域で見られる。温帯域だけではなく熱帯域でも重要な食用魚だ。
加工品原料としても重要なもの。節、干もの、総菜などに加工される。特にそばの「かけつゆ」などに使われる、さば節は本種が原料。カツ・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

イラスト図解 寿司ネタ1年生
イラストとマンガを交えて展開する見た目にも楽しい一冊。
すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
美味しいマイナー魚図鑑ミニ
[美味しいマイナー魚介図鑑]の文庫版が登場
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。