寿司図鑑 1226貫目

こけら寿司

こけらずし / ゴマサバ
こけら寿司
郷土ずし Kyoudozushi

価格ランク

並

「こけら寿司」は高知県安芸郡野根町(現東洋町)で祝い事や祭などに作られてきた押しずし。高知ならではの皿鉢料理にも盛られて、華やかさを演出する。
 特筆すべき点は焼きサバ(ゴマサバ)と柚酢を使うこと。焼きサバをほぐして柚酢と合わせてすし飯を作る。焼きサバのうま味と柚の爽やかさがすし飯に生きている。
 すし飯を押しずしの木枠に敷き詰め、煮た干ししいたけ、ニンジン、薄焼き卵、ごぼうなどをのせる。これを6段重ねて1時間押しをかけて寿司を切る。
 見た目にも華やかな押しずしの完成である。高知県は日本屈指の「すし」の多種多彩なところであるが、なかでも東洋町野根の「こけら寿司」は傑出しているのでは、と思える。実にうまい! 1人前が少なすぎる。最低でも1人2人前は買うといい。
『野根キッチン』は高知県東洋町野根に古くから作られている「こけら寿司」を残すために主婦などが集まって運営している。毎週土曜日に「こけら寿司」を作り、道の駅などで販売している。
野根キッチン 高知県安芸郡東洋町野根
2015年05月10日

寿司ネタ(made of)

ゴマサバ
英名/blue mackerel  台湾/花腹鯖 中国/澳洲鯖

ゴマサバ
鮮魚としても加工品原料としても重要なもの。特にそばの「かけつゆ」などに使われる、さば節(めじか節)は本種が原料。カツオで作った節にはない旨みがあって、人気がある。
鮮魚では安いサバとしてスーパーなどによく並んでいるが、近年高鮮度化が進み高級・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。
おすしのずかん
ぼうずコンニャク監修の本。